写真と解説で見るデモンストレーション
水彩絵具・ガッシュの製作法

へらを使って、顔料の粒子全てが混ざり合うように湿らせます。

1. アルコール(消毒用や変性)で顔料を湿らせる。顔料に水分が十分行き届いた後は、水との混合が可能です。私どもはこの方法を推奨しています。

2. 数滴のオックスギャル(雄牛の胆汁)などの湿潤剤を使用する

  [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 ]
       

当サイトの内容、画像などを無断で複製、転載、第三者への譲渡などを行うことを禁止いたします。
Copyright© Kama Pigments
All rights reserved
お問い合わせ | クレジット | English