写真と解説で見るデモンストレーション
水彩絵具・ガッシュの製作法

全てに水分が行渡ったら、顔料の粒子が残らないようによく研磨します。 必要によってはこの段階で、水を再度追加します。

研磨を多く行うほど、水彩絵具の光沢と透明度が増します。

  [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 ]
       

当サイトの内容、画像などを無断で複製、転載、第三者への譲渡などを行うことを禁止いたします。
Copyright© Kama Pigments
All rights reserved
お問い合わせ | クレジット | English