写真と解説で見るデモンストレーション
水彩絵具・ガッシュの製作法

顔料が均一に分散できたら、粘度の均等なその水彩絵具は使用できる準備が整いました。

再溶解が可能なアラビックゴムをバインダーとして使用しているため、絵具が乾燥しても水を加えることにより作成したペーストは再度の溶解が可能です。

絵具の保管の為に、チューブに入れるか(デモンストレーション:チューブへの保管参照)、蓋のしっかり閉まる容器に入れます。

  [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 ]
       

当サイトの内容、画像などを無断で複製、転載、第三者への譲渡などを行うことを禁止いたします。
Copyright© Kama Pigments
All rights reserved
お問い合わせ | クレジット | English