1. 乾燥顔料
2. アクリルメディウム(結合剤)
写真と解説で見るデモンストレーション
顔料を使用してのアクリル絵具製作法

必要な材料は、乾燥顔料アクリルメディウム(結合剤)、柔軟性のあるスチール製のへら、絵具を準備するためのガラス作業台です。

デモンストレーションで使用しているような、テーブルへの後付けのガラスは、多岐の技法から作られる絵具を製作するには理想的なツールといえます。 経済的にも安価かつテーブルにも設置しやすく、絵具を製作する(材料を混ぜ合わせる)行程を簡単に行うことができます。

どのブランドのアクリルメディウムでも使用することができ、これらはアクリルエマルション・ポリマーとして販売されていることもあります。アクリル絵具の物理的特性は、選択するアクリルメディウム(艶、艶なし、リキッド、ジェルなど)の種類により変わります。
 
 
  [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 ]
 
 
 

当サイトの内容、画像などを無断で複製、転載、第三者への譲渡などを行うことを禁止いたします。
Copyright© Kama Pigments
All rights reserved
お問い合わせ | クレジット | English