写真と解説で見るデモンストレーション
チューブへの保存方法

外装及び、手に絵具をつけて汚さないようにするためには、一回に少量ずつ取って入れることが重要なポイントです。

 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ]
 
       

当サイトの内容、画像などを無断で複製、転載、第三者への譲渡などを行うことを禁止いたします。
Copyright© Kama Pigments
All rights reserved
お問い合わせ | クレジット | English