1. コールドプレスド リンシードオイル(亜麻仁油)
2. ウォールナッツオイル
3. グッドグラインド(メディウム)
写真と解説で見るデモンストレーション
油絵具製作法

油絵具のバインダー(結合剤)は乾性油として知られています。他の植物油とは異なり、乾性油は固化(酸化と重合)により塗膜の構造を柔軟に適応させながら乾燥させ、顔料を統合する役割をもちます。

私たちが油絵具を製作するときには、乾燥を早めることや使い勝手の良さからコールドプレスド リンシードオイル(亜麻仁油)を使用することではご存知かと思います。しかし、一方で準乾性油(ウォールナッツ、サフラワー、ポピーシールド油)など他の種類の油を使うこともできます。リンシードオイルとの違いは、乾燥に時間がかかる点です。

私たちは最近になって新しいメディウム(粉砕媒体)を開発しました。KAMAではグッドグラインドと呼んでいます。このメディウムは、コールドプレスド リンシードオイル(亜麻仁油)からでき自家製油絵具の代替結合剤として使われています。主な利点は昔からの油絵具に関するいくつかの問題、例えばチューブ詰めされた絵具が中で分離現象を起こしてしまうなどが解決できたことです。
  [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 ]
 
       

当サイトの内容、画像などを無断で複製、転載、第三者への譲渡などを行うことを禁止いたします。
Copyright© Kama Pigments
All rights reserved
お問い合わせ | クレジット | English