写真と解説で見るデモンストレーション
水彩絵具・ガッシュの製作法

ガッシュを作るためには、充填剤顔料(フィラー)を水彩絵具に加えるだけです。この工程は、水彩絵具を濃くすると同時に、絵具を不透明にします。

ガッシュの製作には、通常カオリン(陶土)を使用しますが、ジンクホワイトやタルクなどを使うこともできます。同じバインダーを持つことから、水彩絵具とガッシュは似たタイプの絵具と言えるでしょう。最大の違いは、一方は透明で、もう一方は不透明ということです。

  [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 ]
       

当サイトの内容、画像などを無断で複製、転載、第三者への譲渡などを行うことを禁止いたします。
Copyright© Kama Pigments
All rights reserved
お問い合わせ | クレジット | English