写真と解説で見るデモンストレーション
卵黄テンペラ技法

卵黄テンペラ技法では、顔料とバインダーを一気に混ぜ合わせることはしません。 まずは顔料をペースト状になるまで水と研磨し、その後絵具を使用するときに、希望量かつ少量の顔料ペーストに卵黄を混ぜて使います。卵黄は乾燥が早く再溶解ができないため、この方法を選択します。予め大量の絵具を用意しても急速に乾燥してしまい、最終的には無駄になってしまいます。

顔料ペースト製作行程は、デモンストレーション:顔料を使用してのアクリル絵具製作法の行程と同様に顔料が完全に分散するようにペーストを作ります。

 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 ]
 

当サイトの内容、画像などを無断で複製、転載、第三者への譲渡などを行うことを禁止いたします。
Copyright© Kama Pigments
All rights reserved
お問い合わせ | クレジット | English